2016 2015
2014 2013
2012 2011
2010 2009






9年目の開催になったPUNISHER'S NIGHT 2016!!
年々規模を拡大してきたパニシャですが、バンド結成15周年のアニバーサリーイヤーにて立ち返ったテーマはやはり「原点回帰」だった!その言葉の通り、パニシャは第1回開催の地 CLUB QUATTROを巡る東名阪3公演。
とにかく濃い濃いメンツで仕上がった3日間はそれぞれのゲストバンドが作り出した雰囲気にTOTALFATの熱量が昇華されてオリジナリティ溢れるステージになりましたな!そして特出すべきは各公演でのゲストとTOTALFATのステージ上でのコラボレーション!渋谷では「Place to Try」にSPYAIRのIKEが登場し歌い上げ、大阪ではサンボマスターとSWANKY DANKを巻き込んでの「PARTY PARTY」ブチ上げ、ファイナルの名古屋ではキュウソネコカミのセイヤがまさかのトカゲに変装しての「夏のトカゲ」乱入!!!!まさにPUNISHER'S NIGHTでしか実現できないコラボレーションが3箇所全てに実現され、今後の公演へのコラボレーションの期待値を上げる流れを作っていった。

さあ。。。PUNISHER'S NIGHT 2017は一体ゲストバンドとどんな奇跡を起こしていくのか!? 大いに期待していてくださいね!!!!ヤバいことになること必至!






7年目の開催になったPUNISHER'S NIGHT2015。会場のサイズ感も前年よりさらにUPし、大阪なんばHatch・Zepp名古屋・Zepp東京の3公演は本当に熱かった!
初日名古屋のトップバッターUVERworldとんでもないステージをぶちかましてくれたおかげで、その気合いと魂は完全に他の出演アーティストに伝染して、BIGMAMAもFear, and Loathing in Las Vegasもロットングラフティーも04 Limited Sazabysもパニシャ汁全開の素晴らしいライブだった。
本当の意味での「演り合う」ってのがまさにステージ上で繰り広げられて、我々TOTALFATにとっても2015の3公演で得るものは本当に大きかったです!

そして、PUNISHER'S NIGHT2015 出演後のそれぞれのバンドの活躍っぷりもロックシーンを観ている人ならよく分かるはず!どのバンドもフェスやツアーで大暴れの絶好調ですね〜。(パニシャの"アゲちん"イベント説がここに浮上しましたので以後ご注目を!

最高なイベントPUNISHER'S NIGHT、次回にも期待超大ですなー!!






6年目の開催になった2014年はキャパをボリュームアップ!さらに東名阪開催へと進化・拡大し迎える事ができました。「パニッシャーをいつかフェスのような大きなものへ発展させて欲しい!」というお客さんの声もたくさん聞こえてきたりもしてて、そのおかげで僕たちのビジョンも徐々にワイドに、そして大きい方へと発展してきたのはまぎれもない事実です。ただ、まだフェスをやるのではなく『PUNISHER'S NIGHT』を始めた時の気持ちを忘れずにあくまで今のスタイルを継続させたいという気持ちがありまして(もちろん「いつかフェスをやりたい」という気持ちはあるんですよ)、会場は増えたものの形式は変えずにいきました。
3会場に出演してくれたゲストは尊敬するメロコアど真ん中の大先輩dustbox、同世代の雄,[Alexandros]とKNOCK OUT MONKEY、そして後輩としてスカパンクのスーパー問題児集団(←褒め言葉ですよ!!)HEY-SMITH。このラインナップは本当にエグかった(汗)個人的には、バンドシーン最前線の縦と横のつながりが一番押し出せたのが2014年だったんじゃないかな?という実感があって、東名阪の3日間が最高に充実していました。

ゲストアクト達はどのバンドも凄かった。全員がその日でNo.1のステージをもぎ取りにいってるというか、みんなの『PUNISHER'S NIGHT』に対する「ガチ感」みたいなものがぶつかり合う感じが本当に嬉しかった。そしてそれは会場に集まったお客さんも同じで、出演バンドの音楽に対してもの凄い熱量でぶつかってきてくれてたのがステージの上から見ていて良くわかりました。最終日の東京公演@新木場STUDIO COASTの日に『PUNISHER'S NIGHT』を始めて本当に良かったって心から思いました。と同時に、、、、このイベントはもっともっと上に行ける!広がる!って確信できました。

過去6年の歴史がつながってきた『PUNISHER'S NIGHT』が2015年に向けて動き出しました。2015年ももの凄いゲストとともにTOTALFAT crew達を熱狂させにいきます。『PUNISHER'S NIGHT 2015』で紡ぐ経験と熱量はTOTALFAT15周年イヤーの幕開けを告げます!
どんな景色が見れるのか楽しみです。

Shun




TOTALFATの年初め恒例になった2013年のPUNISHER'S NIGHTでは東京公演の渋谷クアトロと、この年からもう一会場増やして大阪クアトロ公演も開催した。
2会場開催する事になってゲストバンドの幅も広がって呼びたいバンドを思いっきり誘わせてもらいました。

大阪はORANGE RANGEとBut by Fall
東京はROTTENGRAFFTYとFEELFLIP

ORANGE RANGEとはフェスとかでは会っていたけどちゃんと絡むのは初めてで先輩だと思っていたら 実は同い年のメンバーが多くてさ、打ち上げではORANGE RANGE、But by Fallとさんざん飲み明かした大阪の夜。
もちろんライブも最高だったからこそ美味いお酒が飲めたのだけれども!
東京公演では今までのPUNISHER'S NIGHTの中でもアツい一日になった!!
この日ROTTENGRAFFTYと語り合えた事は今でもモチベーションになってる。あ、、FEELFLIPとあの日約束した家飲みできてないな。今度誘わなきゃ。
毎年こうやって同じイベントの熱量をあげて行ける事は本当に嬉しい。それは2015はもちろんもっとアツく行けるって確信してるけど!!!
2013年のパニナイ、攻めの姿勢で自主企画イベントを2会場に広げたけど初めての試みって言うのはワクワクしつつ、正直怖い部分もたくさんあって。
この2本のイベントを支えれくれたスタッフ、そしてメンバー含めてチームTOTALFATがまた一つ強くなれたとイベントになったと思う。
そういう想いで望んだイベントに出てくれた4バンド、ORANGE RANGE、But by Fall、ROTTENGRAFFTY、FEELFLIPとは今でも強くつながれている。
このイベントでTOTALFATの初期ロゴタオルを出したり、来てくれるみんなとのつながりを大切にしたいという気持ちでTOTALFAT crewTシャツを作ったのは、今までの自分達の軌跡と振り返りつつ、今見える景色を、みんなの笑顔や声をこれからもっともっと繋げて広げて行きたいと思ったから。
そういう想いのこもった2013年のイベントでした。

Jose


PUNISHER'S NIGHT 2012は初めてゲストバンド2組とも先輩を招いての開催となりました。
しかもどちらも逆ベクトルながらインディーズを筆頭する3ピースバンドであるSTOMPIN' BIRDとMONGOL800の共演。片やインディーズパンクのライブ番長、片や誰もが知っているミリオンヒットを飛ばした沖縄の英雄。こんな異色な対バンが実現してしまうこともパニナイの醍醐味であります。
ストンピンは本当にライブ巧者。ルーツがしっかり感じられてバラエティに富んだ楽曲、極限まで激しいステージングや演奏力、会場全体をあっという間にホームに変えてしまう芸人顔負けのやっさんのMC、流石です。
モンパチはもうシンガロングの嵐。自分たちのイベントなのに対バンの歌がこんなに響くライブは初めてだ、ってそりゃそうだよね。圧巻の歌心と包容力。さすがタレント王国沖縄の至宝。
今思えばこの繋がりがきっかけになり以後ORANGE RANGEと対バンしたり、まだ対バンは実現していないけどかりゆし58ともお近づきになりました。最近のTOTALFATは沖縄を意識し始めちゃって、もう沖縄に行きたくてしょうがないです。めんそーれ。
我々のライブはと言うと、ちょうどDAMN HEROのツアーを終えた後ですかね。僕が作ったんですけどこのDAMN HEROのSE、すげえ気に入ってるんですよね。あんまり使われなかったけど。
あと、この時は僕の髪が肩ぐらいで若干短め、そしてぶんたの毛が長いですね。
アンコールでは学ランを着た気がします。もう二度とあんなことはしません。でもいずれまた何かおもしろはやりたいなあと思っております。

Kuboty


三回目になったPUNISHER'S NIGHT!!
当時まだNAMBA69になる前のNAMBA AKIHIRO大先輩と、当時どんどん勢いを増して来ているHEY-SMITHとのガチンコ3マンってことで、かなりテンション高めだったのを覚えてます。
2010年に初めて出たRUSH BALLで難波さんに意を決して話しかけて、それがきっかけで当時の難波さんのCDにドラムでレコーディングに参加できたり色々な夢みたいな話が現実になっていき始めた事件の一つで、その流れでイベントに参加もしてもらえてめちゃめちゃ嬉しかったな~☆
ヘイスミともお互いツアーに呼び合う中になって、当時は俺たちがフックアップする気持ちだったんだけど気付いたらあんなにでっかいフェスを開催できるバンドになっちゃいましたね☆今までのPUNISHER'S NIGHTで一番パンクな夜だったかもしれない。因みに難波さんのライブで一曲”ONE STEP INTO FREEDOM”で参加できたのもプライスレスだったな♡


二回目のPUNISHER'S NIGHTは、FRONTIER BACKYARDとknotlamp!!!
この頃、FRONTIER BACKYARDのドラムTDC先輩と仲良くなってよく呑んだりしてる中、出てもらえる事になって 高校生の頃にSCAFULL KINGのワンマンをShunと観に行ったりしていたので、キッズ心的にはかなり熱い対バンでした!knotlampは歳は上だったけど当時同世代的なノリでお互い切磋琢磨して上を目指してた仲間だったので、この三バンドでかなり良い科学反応が起こせた夜になった記憶があります。まあでもとにかく二回目をやるってことはこれからずっと続いていく気持ちと気合いを入れる意味でも少し気張ってた部分はあったかもしれないけど、良い意味でこの年の頑張りがそれ以降のパニナイに良い空気をもたらせたのかもしれないっすね。

Bunta


我らTOTALFATの記念すべき第一回自主企画『PUNISHER'S NIGHT』!
前年、初のワンマン~初フェス出演~アルバムツアーを終えた僕たちはこれからのバンド活動に新しい動きと推進力を求めて「年明けに何か新しい事を始めよう!」という事になりました。その結果出た答えが「イベントをやろう!」だったんです。
「新しい事」→「イベントをやる」・・・え!?全然新しくないやん(笑)とお思いの方もいらっしゃると思いますが、当時はまだ5~6バンド出演のイベントが主流で、各バンドの持ち時間も短く、いわば「オムニバス感覚」のイベントが多かったような気がします。でも、僕たちがやりたかったのは出演バンドを少なくして、その代わりにできるだけ多く曲をプレイしてもらい、たくさん想いを語ってもらい、お客さんには「スプリット感覚」のイベントでバンドの色をより濃く感じてもらいたいという・・・そんなコンセプトによって毎回必ず出演バンドが【TOTALFAT + ゲスト2バンド】という流れが守られて今に至ります。
というわけで悩みに悩んでお誘いし、出演してくれた最初のゲストが尊敬する大先輩”BEAT CRUSADERS”!そして同世代の盟友GLORY HILL!

GLORY HILL(通称:グロヒル)はど真ん中の同世代、出会ったときに一瞬で仲良くなってツアーにも誘ったり誘ってもらったり。「イベントに誘う同世代ならやっぱりグロヒルでしょ!」という僕らからの誘いに快諾、歴史ある『PUNISHER'S NIGHT』の第一弾出演者となりました!
バンドマン特有の「同世代パワー」(同じ歳の存在に妙に熱くなって、いつも以上に感情や気合いが入ってしまうアレ)がこの日も発生してもの凄いステージだった。

BEAT CRUSADERS(通称:ビークル)は残念ながら翌年に解散してしまいましたが、TOTALFATのメンバー4人が心から尊敬するバンド。特にKubotyはビークルのコード進行とメロディでガチ泣きしてしまう程の大ファン(まじ)。英語詞のメロコア/ポップパンクでフェスのメインステージを大爆発させるスーパーヒーロー達は『PUNISHER'S NIGHT』のステージでも大暴れしてくれました。ヒット曲の応酬に加えてあの「おま○コール」も炸裂して会場は熱気(に加えてちょっとヌルっとした雰囲気)を帯びてTOTALFATへとバトンが渡されました。。。

そしてTOTALFATのステージ。
正直言って、ぜんぜん覚えてません!当時の僕らには渋谷クアトロのステージは大きくて、緊張全開だったし、偉大な先輩もいたし、気持ちがいっぱいいっぱいだった。
残っている記憶と言えば・・・新曲ですって言って”Highway Part2”を初めて演奏したらすげー盛り上がったような気がします。あと、多分MCで話した内容なんだけど、「いつかここよりもデカいところでメイン張ったりワンマンやったりできるバンドになる」って言ったのは覚えてます。言霊ってものがもしあるとすれば、この時の発言は間違いなくTOTALFATと『PUNISHER'S NIGHT』の両方をもっと上のステージへ連れて行ってくれたのかな??なんてね♬

Shun